sub_object

Overhaul Example

オーバーホール実例

注意事項

是迄のご依頼及び販売品のオーバーホールを元に5項目に分け当工房の技量と考え方を解説しています。


1.現行品の修理 2.中古品の修理 3.ヴィンテージの修理 4.販売(自) 5.販売(他)


個々の楽器の状態やご依頼内容の他、年度毎に技術レベル(工具・技法・素材)を更新している為、修理金額・納期やご不明な点等ついて詳しくはお問合せください。


尚、メーカー・販売・修理業者の中には固有の問題(客観的事実)があり、詳細写真のように「分解と比較」なくして外見だけでユーザー様がそれらを見極めることは非常に困難です。


それ故、中古は勿論、新品で選定調整済みと謳われている楽器でも調子が悪い・吹き難い等はよくあることなので、お困りの方もご相談ください(見積もり・点検は無料です)


1.Yanagisawa_A-9937 2.Selmer_Mark VI 3.Conn_6M


4.King_Silver King 5.Pedler_Professional

A.Sax Yanagisawa A-9937A-9937

【ご依頼品】

1.現行品(新品)の一般的な傾向と修理

新品購入時から未だ時間が経っていない状態で、落下によるベル縁の曲がりが発生しました。

事故のダメージ以外に、何時ものメーカー出荷時からのキイの曲がりやがたつきとノイズ・ネジ固着・過剰なバネ強度・タンポ及び2番管の取付け接着不良(共に息漏れ)等が見られました。

この楽器にはタンポは高級品が使用されていますが、他のモデルも写真のようにラック不足(不均一・量不足で裏面に空洞)で息漏れと、水分が入り込み脱落若しくはカップ内の腐食を起し易くなります。

(例1:メーカーとのラック塗布の比較 例2:当工房のタンポ取付け 例3:シェラックの種類

先に述べたように、表面的には管体やタンポが綺麗でもこれらの不具合は実際に「分解」しないと分かりません(サックスは多少の息漏れ・がたつきでも体が補正し、一応は音が出るので症状を判断し難い)

代表的なメーカーでもコスト優先で例え上位機種でも、取付け(タンポ・コルク・フェルト・etc)が悪く、この状態で幾ら調整しても直ぐに狂いが出るので根本的には新品でも全交換が必要になります。

又、量産化により分解・組立てのし易さを重視した設計で各キイが別々に取付けられている為、管体が薄くてもパーツ(キイポスト・補強座金・etc)が多く、重量増加と動画のような状態になりがちです。

但し、現行品には操作性・音の出し易さ・ピッチ安定の良さがあり、適切なバネ圧と丁寧なタンポ取付け及び調整を徹底することで、タッチ感が良く遊びのないキイ動作で演奏に集中できる楽器となります。

特に初心者は無理な音出しになりがちなので、身体におかしな癖(力み・噛み等)がつかないように確りと修理・調整された楽器をご提供致します。

著名リペアマンS.Howard氏による詳細なレビュー:"A reference-standard alto, but I'm still not a happy bunny"

主な修理内容は全タンポ交換・ベル縁曲がり修理・2番管再接着

動画:キイのがたつきとノイズ

A-9937(サムネイルクリックで詳細表示)

Yanagisawa_A-9937_01
Yanagisawa_A-9937_02
Yanagisawa_A-9937_03
Yanagisawa_A-9937_04
Yanagisawa_A-9937_05
Yanagisawa_A-9937_06
Yanagisawa_A-9937_07
Yanagisawa_A-9937_08
Yanagisawa_A-9937_09
Yanagisawa_A-9937_10
Yanagisawa_A-9937_11
Yanagisawa_A-9937_12
Yanagisawa_A-9937_13
Yanagisawa_A-9937_14
Yanagisawa_A-9937_15
Yanagisawa_A-9937_16
Yanagisawa_A-9937_17
Yanagisawa_A-9937_18
Yanagisawa_A-9937_19
Yanagisawa_A-9937_20
Yanagisawa_A-9937_21
Yanagisawa_A-9937_22
Yanagisawa_A-9937_23
Yanagisawa_A-9937_24
Yanagisawa_A-9937_25
Yanagisawa_A-9937_26
Yanagisawa_A-9937_27
Yanagisawa_A-9937_28
Yanagisawa_A-9937_29
Yanagisawa_A-9937_30
Yanagisawa_A-9937_31
Yanagisawa_A-9937_32
Yanagisawa_A-9937_33
Yanagisawa_A-9937_34
Yanagisawa_A-9937_35
Yanagisawa_A-9937_36
Yanagisawa_A-9937_37
Yanagisawa_A-9937_38
Yanagisawa_A-9937_39
Yanagisawa_A-9937_40
Yanagisawa_A-9937_41
Yanagisawa_A-9937_42
Yanagisawa_A-9937_43
Yanagisawa_A-9937_44
Yanagisawa_A-9937_45
Yanagisawa_A-9937_46
Yanagisawa_A-9937_47
Yanagisawa_A-9937_48

T.Sax Selmer Mark VI Mark_6

【ご依頼品】

2.中古品の一般的な傾向と修理

シリアル16万代(1968年製)の現行Saxの母体となったSelmer Mark VIです。

経年によるラッカー(オリジナル)の剥げや緑青、半田の外れ・ベル縁や音孔歪みと2番管の凹み、酷いバネのサビや折れ等の使用者のお手入れ・取り扱い状況による問題がありました。

又、このメーカー特有のタンポ取付け不備(サイズ及び極度のラック不足で調整不良と脱落)・U字管と2番管を胴輪のみで固定(低音部の出し難さと管体の共鳴不足)等、生産性優先による問題も相変わらず見られます。

Mark VIは製造年や組立て国の違い・反射板の種類や共振・ラッカーの方法や有無・金属疲労等の議論が多いのですが、そもそもこのように息が駄々漏れの個体が多く、何年吹き込んでも本当の鳴りを体験できません。

オーバーホールではそれらの課題を解決したことで楽器が正常に戻り、気密性の高まりで音量・響きの改善となり、以前のように音抜け云々を気にすることや無理をして演奏することから解放されました。

当方では管楽器の基本は「息漏れがない状態」が理想であり、主に音色は奏者(マウスピース・リード・アンブシュア)が、響きは楽器独自のものと考えています。

従ってオーバーホール後は今までのセッティング(楽器が不正常時な状態での組合せ)ではその変化に違和感を覚える場合もあるので、修理前にはこれらを十分ご説明し、タンポ・レゾ・開き量等を合意の下で行います。

それとSaxは一番新しい管楽器(約170年)でキイシステムの変遷等、他の楽器からの影響(フルート・クラリネット)を多く受けており、それらの楽器の知識・修理を通して初めてSaxのリペアが出来るものと思います。

例えば「バランス」の本当の意味を解って調整しているのか疑問になるSaxをよく見かけます(状況により調整箇所が複雑に絡んでくるが、言葉だけが独り歩きしている状態で安易に使用されている)

よって、当工房は当初からサックスがメインですが金管・木管其々の要素が必要と感じているので、「管楽器修理専門」として営業をしています。

主な修理内容は全タンポ交換・ベル縁及び音孔修理・2番管再接着と管体凹直し・ネックジョイント嵌合及びレシーバー修理(写真は11万台で構造的欠陥の一例)・針バネ全交換・再半田付け

Mark VI(サムネイルクリックで詳細表示)

Selmer_mark_6_01
Selmer_mark_6_02
Selmer_mark_6_03
Selmer_mark_6_04
Selmer_mark_6_05
Selmer_mark_6_06
Selmer_mark_6_07
Selmer_mark_6_08
Selmer_mark_6_09
Selmer_mark_6_10
Selmer_mark_6_11
Selmer_mark_6_12
Selmer_mark_6_13
Selmer_mark_6_14
Selmer_mark_6_15
Selmer_mark_6_16
Selmer_mark_6_17
Selmer_mark_6_18
Selmer_mark_6_19
Selmer_mark_6_20
Selmer_mark_6_21
Selmer_mark_6_22
Selmer_mark_6_23
Selmer_mark_6_24
Selmer_mark_6_25
Selmer_mark_6_26
Selmer_mark_6_27
Selmer_mark_6_28
Selmer_mark_6_29
Selmer_mark_6_30
Selmer_mark_6_31
Selmer_mark_6_32
Selmer_mark_6_33
Selmer_mark_6_34
Selmer_mark_6_35
Selmer_mark_6_36
Selmer_mark_6_37
Selmer_mark_6_38
Selmer_mark_6_39
Selmer_mark_6_40
Selmer_mark_6_41
Selmer_mark_6_42
Selmer_mark_6_43
Selmer_mark_6_44
Selmer_mark_6_45
Selmer_mark_6_46
Selmer_mark_6_47
Selmer_mark_6_48
Selmer_mark_6_49
Selmer_mark_6_50
Selmer_mark_6_51
Selmer_mark_6_52
Selmer_mark_6_53
Selmer_mark_6_54
Selmer_mark_6_55
Selmer_mark_6_56

A.Sax Conn 6M US VIII StampUS_6M

【販売品】

3.ヴィンテージの一般的な傾向と修理

1941年製(VIIIスタンプ)の米軍楽隊用に作られたConn 6Mです。

野外での酷使によるオリジナルメッキの変色や剥がれ、凹みやキイ及びネジ部のサビ付き、タンポ・コルク・フェルト・バネの劣化等で長らく退役状態でした。

1888年にアメリカで最初にサックスを始め、1955年に事実上の歴史を終えた一大メーカーの今日継承されていないこのタイプは、オーバーホールによって嘗ての素晴らしい響きや彫刻(美女)と共に現役復帰となりました。

Vintage Saxは音を優先とした作りの為、現行品のようにネジで管体を外せない構造や今は廃止されたキイと人間工学的に無理があるデザイン等、よく理解して修理しないと操作性の悪い只の懐古趣味なオブジェとなります。

特に針バネは過去何度も交換されバネ穴が広がり、緩み脱落・"く"の字折れ・ケリからはみ出しの状態が多く、当方では0.05mm単位で太さ・曲げ方・先端をケリに最適な位置で取付けることで軽快なActionを実現します。

又、金管楽器はピストン・ケーシング・抜差し管の摩耗による息漏れでの管体寿命は確かにありますが、金属製の木管楽器はタンポで塞ぐ構造なので消耗品の交換で済み、キイの破損等はロー・半田付けで修理可能です。

一例として今までオーバーホールした全ての1920年代のConn New Wonderは現行Saxより遥かに音量・響きが優れており生音では圧倒されます(当時のキャッチコピーでBig Bore・Big Band Soundと呼ばれていました)

同じく1925~40年頃(Kingは50年代迄)に高額故に極少数製造のプロモデルのMetal Clarinetは半世紀以上Junk状態での放置にも関らず、木のように乾燥収縮(経年変化)がないので金属の劣化を全く感じさせません。

これらにより当工房が実際のオーバーホールによる経験と演奏から、現代楽器では失われた音質と且つ歴史的価値もある「プロモデル」のVintage Sax・Vintage Metal Clarinetを取り上げている理由です。

SaxではJazz全盛期にプロが使用していたのと同モデルを、オリジナルを保ち特殊なことはせず基本を押さえた上で、現代の高品質な各種素材を使用した独自の調整でVintage Saxの販売とご依頼の修理を行っております。

主な修理内容は全タンポ交換・針バネ全交換・磨き修理・固着修理・一部ローラー交換・凹直し・再半田付け(バフ掛け・再メッキ無し)

6M US VIII Stamp(サムネイルクリックで詳細表示)

Conn_6M_01
Conn_6M_02
Conn_6M_03
Conn_6M_04
Conn_6M_05
Conn_6M_06
Conn_6M_07
Conn_6M_08
Conn_6M_09
Conn_6M_10
Conn_6M_11
Conn_6M_12
Conn_6M_13
Conn_6M_14
Conn_6M_15
Conn_6M_16
Conn_6M_17
Conn_6M_18
Conn_6M_19
Conn_6M_20
Conn_6M_21
Conn_6M_22
Conn_6M_23
Conn_6M_24
Conn_6M_25
Conn_6M_26
Conn_6M_27
Conn_6M_28
Conn_6M_29
Conn_6M_30
Conn_6M_31
Conn_6M_32
Conn_6M_33
Conn_6M_34
Conn_6M_35
Conn_6M_36
Conn_6M_37
Conn_6M_38
Conn_6M_39
Conn_6M_40
Conn_6M_41
Conn_6M_42
Conn_6M_43
Conn_6M_44
Conn_6M_45
Conn_6M_46
Conn_6M_47
Conn_6M_48
Conn_6M_49
Conn_6M_50
Conn_6M_51
Conn_6M_52
Conn_6M_53
Conn_6M_54
Conn_6M_55

Metal Cl King Silver King Silver_King

【販売品】

4.当工房のオーバーホールによる中古品の販売

1945年製のベル部分が純銀で希少、且つ人気のプロモデルのSilver King Clarinetです。

長年放置による激しい銀とメッキの硫化(=管体の腐食を防ぐ一種の保護膜)やキイ及びネジ部のサビ付きやバネの劣化、タンポ皮・フェルトの剥離とコルクの脱落等で演奏は不可能でした。

修理前は酷い状態でしたがクラリネットの基本は勿論、ヴィンテージサックスのオーバーホールで培った技術の応用により、再び「オリジナル」の美しい管体と本来の豊かな響きを取り戻しました。

特にタンポ取付けは音孔とタンポの水平面が全周平行になるようにキイを修正しているので圧力が均一に掛かり、見栄えは勿論、気密性・タッチ感が他所とは比べ物になりません(その後の調整・交換も容易)

大半の修理人はタンポのサイズを小さくして傾けて無理やり取付けるので、加熱時にずれてラックも漏れて汚く、又、時間が経つと変形して調整が狂い易くなり息漏れや脱落の原因となります(Pedler参照

製造時からの瑕疵やタンポ厚みによりキイと音孔との位置合わせは非常に面倒な作業で、キイポストの半田分解等必要に応じて修正が必要な場合もあり、木製クラリネットの基本修理だけでは対処できません。

当工房では経年における使用キズ等も歴史の一部として尊重しつつ、オリジナルを壊さずに地道で丁寧な修理でこれからも末長く使えるVintage Metal Clarinetの販売を行っております。

主な修理内容は全タンポ交換(交換時の写真は同モデルの別の楽器です=タンポと仕上げは同じ)・針バネ全交換・磨き修理・固着修理・再半田付け(バフ掛け・再メッキ無し)

Silver King(サムネイルクリックで詳細表示)

King_Silver King_01
King_Silver King_02
King_Silver King_03
King_Silver King_04
King_Silver King_05
King_Silver King_06
King_Silver King_07
King_Silver King_08
King_Silver King_09
King_Silver King_10
King_Silver King_11
King_Silver King_12
King_Silver King_13
King_Silver King_14
King_Silver King_15
King_Silver King_16
King_Silver King_17
King_Silver King_18
King_Silver King_19
King_Silver King_20
King_Silver King_21
King_Silver King_22
King_Silver King_23
King_Silver King_24
King_Silver King_25
King_Silver King_26
King_Silver King_27
King_Silver King_28
King_Silver King_29
King_Silver King_30
King_Silver King_31
King_Silver King_32
King_Silver King_33
King_Silver King_34
King_Silver King_35
King_Silver King_36
King_Silver King_37
King_Silver King_38
King_Silver King_39
King_Silver King_40
King_Silver King_41
King_Silver King_42
King_Silver King_43
King_Silver King_44
King_Silver King_45
King_Silver King_46
King_Silver King_47
King_Silver King_48
King_Silver King_49
King_Silver King_50
King_Silver King_51
King_Silver King_52
King_Silver King_53
King_Silver King_54
King_Silver King_55
King_Silver King_56
King_Silver King_57

Metal Cl Pedler ProfessionalPedler_Pro

【ご依頼品】

4.オークション・その他による中古品の販売

1927年に製造された大変希少で入手困難なハイエンドクラスのPedler Metal Clarinetです。

下手なAキイ割れ修理や折れかけ(A/D連絡部)及びネジのサビ付きやバネの劣化、タンポはスキンから革に全交換されるも取付け・調整が粗雑で、売り文句とは異なりとても使える楽器ではありませんでした。

オークションを中心として、例え演奏可能やオーバーホール済みと宣伝されていても実際には程度の差こそあれこのような状態が多く、ネット販売での購入・修理は以下の点を考慮することがポイントです。

規制がない為、一部のタンポを残しての交換、或は一か所でもタンポ交換した修理を「全タンポ交換・オーバーホール」と公言する個人と修理・販売業者が存在します(当工房は其々を明確に定義)

それに、タンポが新旧混在の楽器はバランスが崩れ易い(固さと水分吸収が異なり、新タンポは落着く迄時間が掛かる)ので、部分交換は原則的に単独キイ(Saxの場合は痛みが早いHighD~F♯等)となります。

タンポのメーカー(品質)と材質(スキン・革・人工)と表面処理(非防水・撥水・疎水)の組合わせもあり、それらをよく理解していない修理や上位機種に最低ランクのタンポを取付けて売るものもいます。

これはコルク・フェルトにも言えて、見た目だけで判断せず経年劣化が必ずあるので、全タンポ交換以上の修理では必ず消耗品も全交換を行うことが修理業者としての責任と考えています。

1.の項でも示した通り中古は勿論、新品でも最初からタンポ取付け等が悪く、交換以外での全体調整(バランス調整)は本質的に無理があり、結果的にユーザー様に余分なコストを強いることになります。

又、楽器毎に状態が違うので、一律・パック・限定(条件・追加が複雑)等では十分な修理が出来ない恐れがあり、ご予算・必要な修理を良く確認した上で双方合意の元、修理内容と金額を決定しています。

Martinに買収された1930年以降の「Pedler」を冠したモデルの大部分が廉価品であり、当工房の丁寧なオーバーホールによって最高級とも評されるオリジナル「プロモデル」は再びその価値を高めました。

このモデル(アルバート式)を有名にした偉大な奏者についてはこちらをご覧ください (George Lewis’ metal clarinet

主な修理内容は全タンポ交換(Kingと同仕上げ)・バネ全交換・磨き修理・固着修理・再半田付け・ロー付け(バフ掛け・再メッキ無し)

Pedler Professional(サムネイルクリックで詳細表示)

Pedler Professional Sp20_01
Pedler Professional Sp20_02
Pedler Professional Sp20_03
Pedler Professional Sp20_04
Pedler Professional Sp20_05
Pedler Professional Sp20_06
Pedler Professional Sp20_07
Pedler Professional Sp20_08
Pedler Professional Sp20_09
Pedler Professional Sp20_10
Pedler Professional Sp20_11
Pedler Professional Sp20_12
Pedler Professional Sp20_13
Pedler Professional Sp20_14
Pedler Professional Sp20_15
Pedler Professional Sp20_16
Pedler Professional Sp20_17
Pedler Professional Sp20_18
Pedler Professional Sp20_19
Pedler Professional Sp20_20
Pedler Professional Sp20_21
Pedler Professional Sp20_22
Pedler Professional Sp20_23
Pedler Professional Sp20_24
Pedler Professional Sp20_25
Pedler Professional Sp20_26
Pedler Professional Sp20_27
Pedler Professional Sp20_28
Pedler Professional Sp20_29
Pedler Professional Sp20_30
Pedler Professional Sp20_31
Pedler Professional Sp20_32
Pedler Professional Sp20_33
Pedler Professional Sp20_34
Pedler Professional Sp20_35
Pedler Professional Sp20_36
Pedler Professional Sp20_37
Pedler Professional Sp20_38
Pedler Professional Sp20_39
Pedler Professional Sp20_40
Pedler Professional Sp20_41
Pedler Professional Sp20_42
Pedler Professional Sp20_43
Pedler Professional Sp20_44
Pedler Professional Sp20_45
Pedler Professional Sp20_46
Pedler Professional Sp20_47
Pedler Professional Sp20_48
Pedler Professional Sp20_49
Pedler Professional Sp20_50
Pedler Professional Sp20_51
Pedler Professional Sp20_52
Pedler Professional Sp20_53
Pedler Professional Sp20_54
Pedler Professional Sp20_55
Pedler Professional Sp20_56
Pedler Professional Sp20_57
Pedler Professional Sp20_58
Pedler Professional Sp20_59
Pedler Professional Sp20_60
Pedler Professional Sp20_61
 
© 2004 - 2018 Atelier BW