sub_object

Repair Example

修理実例集

ご案内

当工房の実力をご判断して頂けるよう、ご依頼及び販売した楽器修理過程を幾つかご紹介しています。


個々の楽器の状態やご依頼内容の他、年度毎に修理レベル(工具・技術・素材等)を更新している為、ご不明な点や最新情報は是非お問合せください。


尚、各解説にある通り、メーカー毎に固有の問題(憶測ではなく客観的な事実)があり、詳細写真のように「分解と比較」なくして外見だけでユーザー様がそれらを見分けることは非常に困難です。


それ故、新品(メーカー点検・出荷時)や選定・調整済みと謳われている楽器でも調子が悪い・吹き難い等は極普通なことなので、お困りの時はお気軽にご相談ください(見積もり・点検は無料です)


サックス:Yanagisawa_A-9937Selmer_Mark ⅥConn_6M


クラリネット:King_Silver KingPedler_Professional

A.Sax Yanagisawa A-9937A-9937

【ご依頼品】

新品購入時から未だ時間が経っていない状態で、落下によるベル縁の曲がりが発生しました。

事故のダメージ以外に、何時ものメーカー出荷時からのキイの曲がりやがたつきとノイズ・ネジ固着・タンポ取り付け不良(ラック量不足)・過剰なバネ強度・2番管接着不良等が見られました。

オーバーホールでは上記の諸問題を解消し、特にバネとタンポ調整を徹底したことで、適度なタッチ感と遊びのない確実なキイ動作で、無理な力を入れずに演奏に集中できる楽器となりました。

著名リペアマンS.Howard氏による詳細なレビュー:"A reference-standard alto, but I'm still not a happy bunny"

主な修理内容は全タンポ交換・ベル縁曲がり修理・2番管再接着

動画:キイのがたつきとノイズ

A-9937(サムネイルクリックで拡大表示)

Yanagisawa_A-9937_01
Yanagisawa_A-9937_02
Yanagisawa_A-9937_03
Yanagisawa_A-9937_04
Yanagisawa_A-9937_05
Yanagisawa_A-9937_06
Yanagisawa_A-9937_07
Yanagisawa_A-9937_08
Yanagisawa_A-9937_09
Yanagisawa_A-9937_10
Yanagisawa_A-9937_11
Yanagisawa_A-9937_12
Yanagisawa_A-9937_13
Yanagisawa_A-9937_14
Yanagisawa_A-9937_15
Yanagisawa_A-9937_16
Yanagisawa_A-9937_17
Yanagisawa_A-9937_18
Yanagisawa_A-9937_19
Yanagisawa_A-9937_20
Yanagisawa_A-9937_21
Yanagisawa_A-9937_22
Yanagisawa_A-9937_23
Yanagisawa_A-9937_24
Yanagisawa_A-9937_25
Yanagisawa_A-9937_26
Yanagisawa_A-9937_27
Yanagisawa_A-9937_28
Yanagisawa_A-9937_29
Yanagisawa_A-9937_30
Yanagisawa_A-9937_31
Yanagisawa_A-9937_32
Yanagisawa_A-9937_33
Yanagisawa_A-9937_34
Yanagisawa_A-9937_35
Yanagisawa_A-9937_36
Yanagisawa_A-9937_37
Yanagisawa_A-9937_38
Yanagisawa_A-9937_39
Yanagisawa_A-9937_40
Yanagisawa_A-9937_41
Yanagisawa_A-9937_42
Yanagisawa_A-9937_43
Yanagisawa_A-9937_44
Yanagisawa_A-9937_45
Yanagisawa_A-9937_46
Yanagisawa_A-9937_47
Yanagisawa_A-9937_48
Yanagisawa_A-9937_49

T.Sax Selmer Mark Ⅵ Mark_6

【ご依頼品】

シリアル16万代(1968年製)の特にJazz界では最も知られるSelmer Mark Ⅵです。

経年によるラッカー(オリジナル)の剥げや緑青、半田の外れ・ベル縁や音孔歪みと2番管の凹み、酷いバネのサビや折れ等がありました。

又、このメーカー特有のタンポ取り付け不備(サイズ及び極度のラック不足からくる調整不良と脱落)・U字管と2番管を胴輪のみで固定(息漏れ・低音部の鳴り・響きに悪影響)や構造上の問題も相変わらず見られます。

Mark Ⅵは製造年や組立て国の違い・反射板の種類や共振・ラッカーの方法や有無・金属疲労等の議論が多いのですが、そもそも息が漏れてるだけの状態では何年吹き込んでも本来の鳴りを体験することができません。

オーバーホールではそれらの問題を解決し、気密性が高まったことで以前とは比較にならないほど音量・響きの改善が見られました。

主な修理内容は全タンポ交換・ベル縁及び音孔修理・2番管再接着と管体凹直し・ネックジョイント嵌合修理(写真は11万台)・針バネ全交換・再半田付け

Mark Ⅵ(サムネイルクリックで拡大表示)

Selmer_mark_6_01
Selmer_mark_6_02
Selmer_mark_6_03
Selmer_mark_6_04
Selmer_mark_6_05
Selmer_mark_6_06
Selmer_mark_6_07
Selmer_mark_6_08
Selmer_mark_6_09
Selmer_mark_6_10
Selmer_mark_6_11
Selmer_mark_6_12
Selmer_mark_6_13
Selmer_mark_6_14
Selmer_mark_6_15
Selmer_mark_6_16
Selmer_mark_6_17
Selmer_mark_6_18
Selmer_mark_6_19
Selmer_mark_6_20
Selmer_mark_6_21
Selmer_mark_6_22
Selmer_mark_6_23
Selmer_mark_6_24
Selmer_mark_6_25
Selmer_mark_6_26
Selmer_mark_6_27
Selmer_mark_6_28
Selmer_mark_6_29
Selmer_mark_6_30
Selmer_mark_6_31
Selmer_mark_6_32
Selmer_mark_6_33
Selmer_mark_6_34
Selmer_mark_6_35
Selmer_mark_6_36
Selmer_mark_6_37
Selmer_mark_6_38
Selmer_mark_6_39
Selmer_mark_6_40
Selmer_mark_6_41
Selmer_mark_6_42
Selmer_mark_6_43
Selmer_mark_6_44
Selmer_mark_6_45
Selmer_mark_6_46
Selmer_mark_6_47
Selmer_mark_6_48
Selmer_mark_6_49
Selmer_mark_6_50
Selmer_mark_6_51
Selmer_mark_6_52
Selmer_mark_6_53
Selmer_mark_6_54
Selmer_mark_6_55
Selmer_mark_6_56

A.Sax Conn 6M US Ⅷ StampUS_6M

【販売品】

1941年製(Ⅷスタンプ)の米軍楽隊用に作られたConn 6Mです。

野外での酷使によるメッキ(オリジナル)の変色や剥がれ、キイ及びネジ部のサビ付き、タンポ・コルク・フェルトの劣化等で長らく退役状態でした。

19世紀、アメリカで最初にサックスを始め、1955年に事実上の歴史を終えたこの一大メーカーは元の作りがとてもしっかりしている為、オーバーホールによって素晴らしい響きや彫刻(美女)と共に現役復帰となりました。

主な修理内容は全タンポ交換・針バネ全交換・磨き修理・固着修理・凹直し・再半田付け(バフ掛け・再メッキ無し)

6M US Ⅷ Stamp(サムネイルクリックで拡大表示)

Conn_6M_01
Conn_6M_02
Conn_6M_03
Conn_6M_04
Conn_6M_05
Conn_6M_06
Conn_6M_07
Conn_6M_08
Conn_6M_09
Conn_6M_10
Conn_6M_11
Conn_6M_12
Conn_6M_13
Conn_6M_14
Conn_6M_15
Conn_6M_16
Conn_6M_17
Conn_6M_18
Conn_6M_19
Conn_6M_20
Conn_6M_21
Conn_6M_22
Conn_6M_23
Conn_6M_24
Conn_6M_25
Conn_6M_26
Conn_6M_27
Conn_6M_28
Conn_6M_29
Conn_6M_30
Conn_6M_31
Conn_6M_32
Conn_6M_33
Conn_6M_34
Conn_6M_35
Conn_6M_36
Conn_6M_37
Conn_6M_38
Conn_6M_39
Conn_6M_40
Conn_6M_41
Conn_6M_42
Conn_6M_43
Conn_6M_44
Conn_6M_45
Conn_6M_46
Conn_6M_47
Conn_6M_48
Conn_6M_49
Conn_6M_50
Conn_6M_51
Conn_6M_52
Conn_6M_53
Conn_6M_54
Conn_6M_55
Conn_6M_56
Conn_6M_57
Conn_6M_58

Metal Cl King Silver King Silver_King

【販売品】

1945年製、ベル部分が純銀で希少且つ人気のプロモデルのSilver King Clarinetです。

長年放置による激しいメッキの硫化やキイ及びネジ部の錆付きやバネの劣化、タンポ皮の剥離・コルクの脱落等で演奏は不可能でした。

修理前は酷い状態でしたがヴィンテージサックスのオーバーホールで培った技術の応用により、再び「オリジナル」の美しい管体と本来の豊かな響きを取り戻しました。

主な修理内容は全タンポ交換(交換時の写真は同モデルの別の楽器です=タンポと仕上げは同じ)・針バネ全交換・磨き修理・固着修理・再半田付け(バフ掛け・再メッキ無し)

Silver King(サムネイルクリックで拡大表示)

King_Silver King_01
King_Silver King_02
King_Silver King_03
King_Silver King_04
King_Silver King_05
King_Silver King_06
King_Silver King_07
King_Silver King_08
King_Silver King_09
King_Silver King_10
King_Silver King_11
King_Silver King_12
King_Silver King_13
King_Silver King_14
King_Silver King_15
King_Silver King_16
King_Silver King_17
King_Silver King_18
King_Silver King_19
King_Silver King_20
King_Silver King_21
King_Silver King_22
King_Silver King_23
King_Silver King_24
King_Silver King_25
King_Silver King_26
King_Silver King_27
King_Silver King_28
King_Silver King_29
King_Silver King_30
King_Silver King_31
King_Silver King_32
King_Silver King_33
King_Silver King_34
King_Silver King_35
King_Silver King_36
King_Silver King_37
King_Silver King_38
King_Silver King_39
King_Silver King_40
King_Silver King_41
King_Silver King_42
King_Silver King_43
King_Silver King_44
King_Silver King_45
King_Silver King_46
King_Silver King_47
King_Silver King_48
King_Silver King_49
King_Silver King_50
King_Silver King_51
King_Silver King_52
King_Silver King_53
King_Silver King_54
King_Silver King_55
King_Silver King_56
King_Silver King_57

Metal Cl Pedler ProfessionalPedler_Pro

【ご依頼品】

1927年に製造された大変希少で入手困難なハイエンドモデルのPedler Clarinetです。

オリジナルのメッキの硫化やキイ折れ及びネジ部の錆付きやバネの劣化、タンポは近年にスキン(ブラダー)から革に全交換されたものの取り付け・調整が粗雑で、とても使える状態ではありませんでした。

オークション等では例え演奏可能やオーバーホール済みと記載されていても、このような品が溢れており、購入には十分に注意が必要です。

このモデル(アルバート式)を愛用した偉大なJazz奏者についてはこちらをご覧ください (George Lewis’ metal clarinet

主な修理内容は全タンポ交換(Kingと同仕上げ)・バネ全交換・磨き修理・固着修理・再半田付け・ロー付け(バフ掛け・再メッキ無し)

Pedler Professional(サムネイルクリックで拡大表示)

Pedler Professional Sp20_01
Pedler Professional Sp20_02
Pedler Professional Sp20_03
Pedler Professional Sp20_04
Pedler Professional Sp20_05
Pedler Professional Sp20_06
Pedler Professional Sp20_07
Pedler Professional Sp20_08
Pedler Professional Sp20_09
Pedler Professional Sp20_10
Pedler Professional Sp20_11
Pedler Professional Sp20_12
Pedler Professional Sp20_13
Pedler Professional Sp20_14
Pedler Professional Sp20_15
Pedler Professional Sp20_16
Pedler Professional Sp20_17
Pedler Professional Sp20_18
Pedler Professional Sp20_19
Pedler Professional Sp20_20
Pedler Professional Sp20_21
Pedler Professional Sp20_22
Pedler Professional Sp20_23
Pedler Professional Sp20_24
Pedler Professional Sp20_25
Pedler Professional Sp20_26
Pedler Professional Sp20_27
Pedler Professional Sp20_28
Pedler Professional Sp20_29
Pedler Professional Sp20_30
Pedler Professional Sp20_31
Pedler Professional Sp20_32
Pedler Professional Sp20_33
Pedler Professional Sp20_34
Pedler Professional Sp20_35
Pedler Professional Sp20_36
Pedler Professional Sp20_37
Pedler Professional Sp20_38
Pedler Professional Sp20_39
Pedler Professional Sp20_40
Pedler Professional Sp20_41
Pedler Professional Sp20_42
Pedler Professional Sp20_43
Pedler Professional Sp20_44
Pedler Professional Sp20_45
Pedler Professional Sp20_46
Pedler Professional Sp20_47
Pedler Professional Sp20_48
Pedler Professional Sp20_49
Pedler Professional Sp20_50
Pedler Professional Sp20_51
Pedler Professional Sp20_52
Pedler Professional Sp20_53
Pedler Professional Sp20_54
Pedler Professional Sp20_55
Pedler Professional Sp20_56
Pedler Professional Sp20_57
Pedler Professional Sp20_58
Pedler Professional Sp20_59
Pedler Professional Sp20_60
Pedler Professional Sp20_61
 
© 2004 - 2018 Atelier BW