sub_object

Vintage Saxophone

ヴィンテージ サックスの情報と販売

ご案内

Conn Saxophone

New Wonder (“Chu Berry” Series I:1914~1924 Series II:1924~1930)

有名なテナーサックス奏者の名前を愛称に持つこのモデルは、以下の現代には無い幾つかの革新的な機能を備えていました。

Rolled Tone Holes:他の主なサックスはトーンホールを引上げ加工で製作されていますが、このモデルは音孔をフルートの様に先端をカールさせて管体の耐久性とタンポの密着度を高める作りとなっています。

Microtuner:ピッチを合わせは通常、マウスピースの抜き差しで行いますが、これはネックにスクリューを付けてリングを廻す事により、ネックの長さを可変する事で微細なチューニングができる機構です。

主な使用プレーヤー:Chu Berry(チュ・ベリー) Lester Young(レスター・ヤング)

M Series (“Transitional”:1930~1935 “Naked Lady”:1935~1955)

Connの代表的なモデルで、上記の特長を継承し更に次の機能が追加され、主により操作性が向上しました。アルト~6M/26M テナー~10M/30M バリトン~12M (26M・30Mはカスタム仕様 “Connqueror”)

Bell Keys:LowB/LowB♭をアルト・テナーは左側、バリトン・バスは右側に統一しました。

Adjustable Thumb Hook:親指掛けが左右に自在にスイングして最適なポジションを保持する機構です。

Underslung Octave Key:主にオクターヴキーの曲がり防止です。

Table Key:形状変更とローラーの追加及びG♯連動となりました。

Double Socket Neck Joint:ネックのジョイント部を2重にし、息漏れを防ぐ構造です。

Locking Pivot Screws:キーのガタを無くす為、ポスト横にピボットを固定する留めネジを追加しました。

主な使用プレーヤー:Charlie Parker(チャーリー・パーカー) Dexter Gordon(デクスター・ゴードン)


1920年~1930年代はConn(コーン)がジャズサックスの市場を独占した状態でした。

又、1925年~1955年はConnの黄金期(Golden era)とも呼ばれています。

但し、ロールド・トーンホール等、Connの特徴的な機能が見られるのは1947年・シリアルナンバー320,000迄で、数多くのプロが使用していました。

Connサウンドの代名詞と呼ばれる中低音が特に素晴しく、確りと作られた軽めの管体から、芯のある骨太のストレートな音色と現行品には出せない音量が魅力です。

T.Sax 10M“Naked Lady” C.G.Conn 10M

C.G.Conn 10M

Original Lacquer
Original Case & Microtuner Mouthpiece
Serial Number 284807

1938年製、6Mと共に最も知られたコーンテナー10M(ロールドートーンホールモデル)です。

タンポ、コルク、フェルト、人工皮革、針バネの全交換と各所必要な修理と調整を行っています。

経年によるオリジナルラッカーの部分的な剥がれや変色、打ちキズ、過去の修理痕等が見られますが演奏には影響ありません。

パッドは丈夫でべたつき難いカンガルー革の最上級「エクストリーム」と、レゾネーターは当時を再現したフラットメタルタイプをそれぞれ採用。

適度なバネ強度とガタつきや遊びの無いキーアクションを徹底したことで演奏に集中できます。

Conn絶頂期(10Mは第2次大戦前までが特に評価が高い)に作られ、Jazzの巨人達に支持された真の正統派テナーをご体験頂けます。

Sold Out

Photo Gallery Conn 10M

Conn_10M_01
Conn_10M_02
Conn_10M_03
Conn_10M_04
Conn_10M_05
Conn_10M_06
Conn_10M_07
Conn_10M_08
Conn_10M_09
Conn_10M_10
Conn_10M_11
Conn_10M_12
Conn_10M_13
Conn_10M_14
Conn_10M_15
Conn_10M_16
Conn_10M_17
Conn_10M_18
Conn_10M_19
Conn_10M_20
Conn_10M_21
Conn_10M_22
Conn_10M_23
Conn_10M_24
Conn_10M_25
Conn_10M_26
Conn_10M_27
Conn_10M_28
Conn_10M_29
Conn_10M_30

T.Sax New Wonder II “Chu Berry” C.G.Conn N W 2

C.G.Conn New Wonder II

Original Silver Plated & Gold Washed Bell
Original Case & Microtuner Mouthpiece
Serial Number 172138

1926年製、往年の「テナーマン」達に愛され、今尚求めて止まない、Connの中でも別格に評価の高いNew Wonder IIです。

タンポ、コルク、フェルト、人工皮革、針バネの全交換と各所必要な修理と調整を行っています。

経年による僅かなメッキの剥げ、打ちキズ等が見られますが演奏には影響ありません。

パッドは丈夫でべたつき難いカンガルー革の最上級「エクストリーム」と、レゾネーターは当時を再現したフラットメタルタイプをそれぞれ採用。

適度なバネ強度とガタつきや遊びの無いキーアクションを徹底したことで演奏に集中できます。

∗バフ掛け、再メッキは行っておりません。

モデル名のWonder「驚愕・驚嘆」の通り、他を圧倒する太く、深く、豊かな響きと音色でテナーサックスの醍醐味を存分に味わえます。

Sold Out

Photo Gallery Conn New Wonder II

Conn_New_Wonder_II_01
Conn_New_Wonder_II_02
Conn_New_Wonder_II_03
Conn_New_Wonder_II_04
Conn_New_Wonder_II_05
Conn_New_Wonder_II_06
Conn_New_Wonder_II_07
Conn_New_Wonder_II_08
Conn_New_Wonder_II_09
Conn_New_Wonder_II_10
Conn_New_Wonder_II_11
Conn_New_Wonder_II_12
Conn_New_Wonder_II_13
Conn_New_Wonder_II_14
Conn_New_Wonder_II_15
Conn_New_Wonder_II_16
Conn_New_Wonder_II_17
Conn_New_Wonder_II_18
Conn_New_Wonder_II_19
Conn_New_Wonder_II_20
Conn_New_Wonder_II_21
Conn_New_Wonder_II_22
Conn_New_Wonder_II_23
Conn_New_Wonder_II_24
Conn_New_Wonder_II_25
Conn_New_Wonder_II_26
Conn_New_Wonder_II_27
Conn_New_Wonder_II_28

A.Sax 6M “VIII Stamped” C.G.Conn 6M

C.G.Conn 6M Naked Lady VIII stamped

Original Silver Plated & Gold Washed Bell
Original Case & Accessories
Serial Number 314200

1946年製、VIIIスタンプのConn 6Mです。

タンポ、コルク、フェルト、人工皮革、針バネの全交換と各所必要な修理と調整を行っています。

経年による僅かなメッキの剥げや微細な打キズ等が見られますが演奏には影響ありません。

又、ダブルソケット、マイクロチューナーを含め、気密性と各部の動作もスムーズです。

パッドは丈夫でべたつき難いカンガルー革、レゾネーターは当時のフラットメタルタイプを採用。

適度なバネ強度とガタつきや遊びの無いキーアクションでストレスの無い演奏を可能としました。

∗バフ掛け、再メッキは行っておりません。

1935年からはラッカーが主流となり、この希少なシルバーによる程良い抵抗感と艶のある音色で全盛期のConnサウンドを存分にご堪能頂けます。

Sold Out

Photo Gallery Conn 6M

Conn_6M_VIII_01
Conn_6M_VIII_02
Conn_6M_VIII_03
Conn_6M_VIII_04
Conn_6M_VIII_05
Conn_6M_VIII_06
Conn_6M_VIII_07
Conn_6M_VIII_08
Conn_6M_VIII_09
Conn_6M_VIII_10
Conn_6M_VIII_11
Conn_6M_VIII_12
Conn_6M_VIII_13
Conn_6M_VIII_14
Conn_6M_VIII_15
Conn_6M_VIII_16
Conn_6M_VIII_17
Conn_6M_VIII_18
Conn_6M_VIII_19
Conn_6M_VIII_20
Conn_6M_VIII_21
Conn_6M_VIII_22
Conn_6M_VIII_23
Conn_6M_VIII_24
Conn_6M_VIII_25
Conn_6M_VIII_26
Conn_6M_VIII_27
Conn_6M_VIII_28
Conn_6M_VIII_29
Conn_6M_VIII_30

Martin Saxophone

The Martin_ (“Committee III”:1945~1971)

アメリカン・ヴィンテージ・サックス4大メーカー(Buescher・Conn・King・Martin)の一つ、Martinによる第2次大戦後の代表的なプロモデルです。自社名をそのままモデル名にする等、並々ならぬ自信が感じられるこの楽器には以下の特徴があります。

Soldered Tone Holes:内側にカーブした独特な形状で分厚い音孔を一つ々半田付けする事により、管体の強度を高めると共に抵抗感が増す事で重厚な響きと深い音色が得られます。

Design Octave Key Mechanisme:拇指台とキーが一体となったデザインで、自然なフィンガリングが可能です。

Adjustable Stumb Hook:ネジによる上下の高さ調節と、大き目の指掛けが楽器を支え易くなっています。

Neck Screw:ネック前面に締めネジを取り付け、本体部分の切り欠きを廃止しました。

Art Deco Keyguards:1930年代に流行したデザイン様式(アール・デコ)を取り入れたワイヤー状のキーガードは美しくカーブを描き、キーデザインと相まってとてもモダンに感じられます。

主な使用プレーヤー:Art Pepper(アート・ペッパー) Buddy Tate(バディ・テイト)


Martin(マーチン)は他のメーカーよりも肉厚の管体から繰り出されるヘビーでダークなサウンドが特長です。

但し、管の総重量は現行品よりも軽く、今の楽器には無い個性的でクラフトマンシップ溢れる作りが魅力です。

A.Sax The Martin Alto “Committee III” Martinmartin

Martin The Martin Alto Committee III

Original Lacquer & Matching Serial Neck
Original Case
Serial Number 205665

1959年製の初期型The Martinモデルです。

タンポ、コルク、フェルト、人工皮革、針バネの全交換と各所必要な修理と調整を行っています。

経年によるオリジナルラッカーの剥げ、キズ、小さな凹等が見られますが演奏には影響ありません。

パッドは丈夫でべたつき難いカンガルー革を使用し、ガタつきや遊びの無いキーアクションで確実な操作を可能としました。

管全体から伝わる振動と適度な抵抗感が心地よく上記の機能により確りとした安定性とピッチで演奏に集中できます。

特に高音域(HighD~)でも音が痩せる事無く一回り大きなベルで芯のある太い音が突き抜けます。

現代の楽器には出せない”大人のサックス”と表現するに相応しいハスキーな音色と豊かな響きをお楽しみ頂けます。

Sold Out

Photo Gallery The Martin Alto

The_Martin_Alto_Committee III_01
The_Martin_Alto_Committee III_02
The_Martin_Alto_Committee III_03
The_Martin_Alto_Committee III_04
The_Martin_Alto_Committee III_05
The_Martin_Alto_Committee III_06
The_Martin_Alto_Committee III_07
The_Martin_Alto_Committee III_08
The_Martin_Alto_Committee III_09
The_Martin_Alto_Committee III_10
The_Martin_Alto_Committee III_11
The_Martin_Alto_Committee III_12
The_Martin_Alto_Committee III_13
The_Martin_Alto_Committee III_14
The_Martin_Alto_Committee III_15
The_Martin_Alto_Committee III_16
The_Martin_Alto_Committee III_17
The_Martin_Alto_Committee III_18
The_Martin_Alto_Committee III_19
The_Martin_Alto_Committee III_20
The_Martin_Alto_Committee III_21
The_Martin_Alto_Committee III_22
The_Martin_Alto_Committee III_23
The_Martin_Alto_Committee III_24
The_Martin_Alto_Committee III_25
The_Martin_Alto_Committee III_26
The_Martin_Alto_Committee III_27
The_Martin_Alto_Committee III_28
The_Martin_Alto_Committee III_29
The_Martin_Alto_Committee III_30
 
© 2004 - 2018 Atelier BW